転職アプリの種類って?

知名度と利便性に特化した転職アプリ


転職活動をする上で転職アプリを利用する人が増加傾向にありますが、一口に転職アプリと言っても大きく5種類に分類されます。その中でも特に利用者層が多いとされているのが王道サイトと呼ばれる転職アプリです。こちらは大手企業が運営しているサイトで、仕事の職種や業種などの特定のジャンルに搾らずに幅広い求人が用意されているのが特徴になります。企業の知名度によるサイトの信頼性の高さも特徴の一つです。そして、王道サイトと並んで人気があるアプリとしてエージェント系が挙げられます。文字通りプロのアドバイザーであるエージェントと二人三脚で仕事を探していくアプリで、自分の希望を聞いた上で最適な仕事を紹介してくれるのが魅力です。王道サイトが自分で求人を見つけるのに対して、こちらはプロのアドバイスで進められるので、自分に合った仕事がわからないという人にもおすすめと言えます。

キャリアを活かして転職をしたい人向け


転職を希望する人の中には、それまでの自身のキャリアを活かそうと考える人も少なくありません。そういった人におすすめとなるのがハイキャリア系と呼ばれる転職アプリです。こちらは一般的な転職アプリとは異なり、その仕事における経験や知識を有していることが条件の求人が多いサイトになります。採用する企業側が質の高い技術者を希望しているので、量より質となっているのが特徴です。そのため、初心者には不向きですが、キャリアに自信がある人であれば高確率で採用に繋げることができます。その他にも、キャリア重視の人におすすめとなるのが専門職系のアプリです。文字通り特定の職業に特化した求人が中心となっているので、経験を活かして前職と同じ職種で働きたい人に最適となっています。